駆除はどうする?スズメバチの巣を発見したときの対処法について/Claire Clinic

スズメバチの巣はどうする?

自宅の庭などでスズメバチの巣を発見した場合、慌てずに冷静な対処が必要です。スズメバチの巣を駆除する方法は、自力で行うか業者に頼むかの二つの方法が一般的です。まずは、この二つの駆除方法について比較しながら考えていきましょう。

スズメバチの巣の駆除方法

殺虫スプレーなどを使い自力で行う場合

ホームセンターなどでスズメバチ用の殺虫スプレーを購入し、自分で駆除を行う方法です。費用を抑えることができますが、危険が伴うので注意が必要です。丈夫な防護服なども用意しましょう。

業者に依頼した場合

スズメバチ駆除専門の業者に依頼した場合、費用面は自力で行うよりも倍かかることがあります。しかし、駆除のプロが作業を行うので安全面はもちろん、駆除に関してもお墨付きといっても過言ではありません。

近づかないで業者に連絡

蜂

スズメバチの巣を見つけた場合、どうすれば良いか分からずパニックになってしまう人も多いようです。近年では都市部でも大型の巣が発見されるケースが多く、一般住宅の屋根裏や軒下にも巣が作られる場合があります。まず見つけた時の大原則は、近づかない・刺激をしない、ということを覚えておきましょう。不用意に巣に近付かず、距離を取って冷静に行動しましょう。もしすでに蜂が周りを飛び回ったりしている場合は威嚇ですので、その場を静かに離れてください。後ずさるように静かに離れる必要があり、声を出したり激しく手を動かしたり、走り出したりするのは危険です。安全な場所を確保出来たら、巣がある場所や大体の大きさを観察し、可能なら種類を確認しましょう。また、蜂の危険性は原則、巣がある土地の所有者に責任がありますので、法律上管理責任を持つ人が業者に連絡する必要があります。公共の場なら駆除は役所になりますが、個人の持ち物なら個人が対処する必要があります。

専門業者へ依頼する方法

東京都葛飾区などでは、危険度の高いスズメバチの巣に限り役所が駆除を引き受けていますので、自治体に一度相談するのも一つの手です。ただ、駆除用の用具や服を貸し出しするだけで対処はしてくれない自治体も多いですし、委託業者が来るまで日数がかかる場合も多いです。見つけた以上一刻も早く駆除したいと考えるのは当然ですので、おすすめはインターネットから業者を見つけて依頼することです。中には電話1本で、最短10分で駆けつけてくれるという頼もしいサービスもあります。まずはインターネットで近くの業者を検索し、電話窓口に連絡してみましょう。メールでの無料相談を受け付けているところもありますので、ハチの姿を見かけたけれど巣が見当たらないといった場合にも相談できます。流れは業者によって異なりますので一概に言えませんが、連絡すると現場に来てくれて、状況を見てその場で見積もりをしてくれるのが一般的でしょう。作業前に料金の支払いがある場合もあります。